先を越された!

12月 13, 2012 at 8:42 PM • Posted in 未分類コメントは受け付けていません。

仕事の帰宅中、友だちからご機嫌な電話が来て「ちょっと遊ぼうよ」と誘われました。まったくこっちは休日も仕事でお疲れだというのに、人の気も考えないやつです。

それも「バイクで出ておいでよ」と言うんです。仕事で疲れてるのに、もう冬も近いこの時期の寒い夜になんでバイクなのか。こんな時期のライディングを一番嫌うのは、彼自身のはずなのに。

結局、彼の不明瞭なご機嫌と誘いが気になって私は帰宅したら、冬のライディングの格好に着替え、かみさんの「いまからバイク?」という呆れた表情を尻目に家を出発しました。

待ち合わせ場所はいつもの道の駅でした。駐輪場には古いハーレーが1台とまっていましたが、彼のバイクじゃありません。

私はハーレーと少し間を開けてバイクを駐輪場にとめ、自動販売機でコーンポタージュを購入しました。ホットコーヒーが飲みたいところですが、バイクに乗ってる時はトイレが近くなるからさけているのです。

バイクのシートに腰掛けて缶の蓋をあけ、飲み始めたら「おそかったな」と、後ろから彼が声をかけてきました。

「なんだ、もう来てたのか」

私は驚いてコーンがのどに詰まってむせそうになったのを我慢しつつ、振り返って言葉をかけました。

「ああ、もう15分前には来てたよ」

「なんだよ。隠れてたのか? まったく」

「トイレに行ってたんだよ」

彼はニヤニヤしっぱなしでした。ちょっとその表情が腹立たしかったです。

「で、お前のオンボロのヤマハ、どこにとめたんだよ。まさかクルマで来たとかじゃないよなぁ。そしたら俺、怒っちゃうよ」

笑わし半分、本気半分でそう訪ねました。

すると彼はニヤニヤをさらにまして答えました。

「バイクで来たよ。でもヤマハじゃないけどね」

そう言って彼が指差した先にあったのは、来たときに目に入った古いハーレーでした。

「え! うそ! 乗り換えたの!」

彼は「うん」とだけいいましたが、その顔の表情には「買ってやったよ」という勝ち誇った感が存分に醸しだされていました。

私は自分のバイクのシートから飛び降りて、先ほどまでさほど興味の対象じゃなかったハーレーを嘗め回すように見はじめました。

「うわー、ショベルかよ、思い切ったなぁ。フレームリジットじゃないか! 知らないぞ、トラブルおきても」

「まぁ、なんとかなるよ。それなりに知識も工具もあるからさ」

「そりゃ、そうだろうけど」

彼がハーレーを買ったのは、その日の昼間だったそうでした。私は仕事だったのでまだ秘密にしておこうとしたようなんですが、我慢できなくて自慢したくて仕事終わりの私を呼び出したってわけです。

「やられた!」って感じですね(笑)。

まさか先を越されるとはなぁ(笑)。

バツイチ人口が増えた日本

12月 13, 2012 at 4:28 PM • Posted in Diaryコメントは受け付けていません。

恐ろしいもので、厚生労働省発表の『平成23年人口動態統計』によると、日本の離婚率はなんと3組に1組の割合だそうです。
それでも前年よりも減少しているというのですから、日本においての結婚制度の見直しも必要となってきているのではないかなと個人的には考えます。

gooランキングに「離婚経験者が答えた『バツイチあるある』ランキング」という記事がありました。
私が婚活をしていた時期は、バツイチの人との結婚も考えました。
未経験者と何が違うかと言えば、結婚を冷静に考えているところが魅力でもありました。
では、バツイチの人にはどんなあるあるがあるのでしょうか?

1位:結婚は夢ではないと悟っている
初めての結婚では色々な夢を持ちますよね?
若い人だけかもしれませんが、とても甘い感情を抱いていると思います。
でも結婚は現実だと知っているので、結婚に対しての甘い感情は抱かないようです。
これは婚活している時に大きな差だなと感じました。

2位:失敗をしたくないと思うのでなかなか恋愛が出来ない
女性より男性の方がこういう感情を抱くようですね。
私の周りを見ていても、女性は割と次に踏み出す勇気が大きいように思います。

3位:再婚する時に周囲から次は平気なのか問われる
離婚時は周りも巻き込むことになるので、言われても仕方がありませんね。

4位:家に誰もいないことを寂しく思う
離婚してすぐはそうかもしれません。
こればかりは離婚した人にしか分からないでしょうね。

5位:再婚が決まるとご祝儀の回数をネタにされる
2回目ならいいですが、3回も4回もする人がいますからね…。
何度もする人は病気なのではないかと思いますが(笑)。

6位:結婚時の自分の失敗行動を責める
責めてもかつての結婚は戻ってこないのですけどね。
恋愛も含めて、次に目を向けるしかないと思います。

7位:これから先も1人であることを不安視する
結婚だけが全てではないのですから、1人だっていいのではないかと思います。
こういう性格だから、結婚という縛りにしがみつくのかもしれませんね。

8位:再婚時の結婚式の有無を悩む
どうして迷うのでしょうか?
親戚の目を考えているのでしょうか?
式を挙げたいのであれば、どのような方法でもいいと思ってしまいます。

9位:結婚に不向きであると思ってしまう
他人と生活するのが苦手な人は不向きだし、人がいても気にならない人は向いていると思います。
私はどちらかと言うと前者で、旦那も同じく前者です。
だから、今の結婚スタイル以外では生活維持が難しいと思っています。

10位:異性を結婚に向いているか否かで判断する
結婚してみないと分からないこともあるので、仕方がないかもしれませんね。
友人知人のパートナーもそう見てしまう傾向にあるようで、離婚を重く受け止めている方はだいぶ疲れるそうです。

離婚率が上がったからと言って、全ての人が経験する訳ではありません。
それで成長できるなら、離婚することも決して悪くはないのではないでしょうか。

話が変わりますが、フリードスパイクの値引きを見たあとこの車が欲しくなってしまいました。
フリードスパイクは利便性がすごく良い車で、シート周りからトランクに至るところまでホルダーやポケットが充実されているんです。
キャンプ大すきな私にはこういう利便性に惹かれてしまうんですよね。

不運だけど、運があるのかも

12月 9, 2012 at 5:41 PM • Posted in 未分類コメントは受け付けていません。

世の中にはめちゃめちゃラッキーな人っているもんですね。ノルウェーのある一家では、なんと宝くじに過去3回も高額当選したことがあるそうです。

その一家が当選した総額は2800万クローネで、日本円にして約3億7000千万円だとか。まったくどれだけラッキーなんでしょうかね、この家族は。

それに引き換え、私はまったくもって運の無い男だと自分で思います。宝くじに当たったことなんか、数百円レベルしかありませんし、ビンゴゲームで「ビンゴ!」なんて叫んだことすらありません(笑)。おまけにじゃんけんも弱いしなぁ。

勝負運が、本当に無いんですよ。意気込むと絶対に駄目。気持ちが空回りして結果が絶対に伴わないんです。

はじめて自分が勝負運無いと感じたのは、中学3年の時のサッカーの試合の時でした。試合は同点で時間が終え、PK戦となり、私が決めなければ敗戦というシーンが訪れました。

私はこの時までかなりの自信家で、何でもうまくいくと思うタイプの人間でした。運動も勉強も平均より上で、一番になることはしょっちゅうではありませんでしたが、まわりから羨ましがられる存在ではありました。ですから、いざという勝負時にも自分は完璧な結果を残すことができると信じていました。

ところが、自分が失敗すれば負けるという究極の勝負の時に自分を置かれたとき、これまでにない不安が頭と心に押し寄せてきて、失敗が頭を一瞬過ぎってしまいました。

「失敗は考えたらだめだ!」

そう思って、夢中で蹴ったボールはキーパーに阻止され、負けてしまいました。

その出来事を境に、以降勝負の場面となると力みすぎて失敗してしまうことが多くなりました。挙句、運にも見放されたようで、貧乏くじばっかり引くようになってしまったのです。

自信も運も失って、高校から大学にかけては大いに苦労したもんです。高校時代には居眠りしていたクルマが歩道に突っ込んできて、自転車が大破して脚を骨折したり。そしてサッカーがしばらくできなくなって、部も辞めてしまいました。大学では初めて買ったバイクをキャンパス内に止めておいたら購入後5日後に盗まれたりもしました。ほんとに不運ばっかりでした。

そんな自分のジンクスを振り払うことができたのは、社会人になってからでした。仕事が軌道に乗って自信がついてきたころ、ようやく、肩の力を抜いて勝負に挑めるようになりました。

自信はそれなりに回復はしてきましたが、不運はまだ相変わらずかな? でも、これまで不運だったお陰で、これまでがんばってこれたし、これからもがんばっていけるんだと思います。だから、本当は不運じゃなくて、今の自分にたどり着けたという、運だったのかもって気もします。

どんどん失う子ども心

12月 5, 2012 at 7:40 PM • Posted in 未分類コメントは受け付けていません。

子どもがどうしても買ってみたいというので買ってあげた宝くじ、ミニロト。ま、全部外れでした(笑)。これにこりて、宝くじに当選しようなんていう儚い夢は持たないことだと教えてあげました。

外れていい教訓になったことでしょう。やっぱり必死にがんばって汗水流してお金を稼がなきゃいけないんだってこと、少なからずは理解したことでしょうから。運に頼ってはいけないということを、理解したことでしょうから。その勉強になったと思えば、外れたほうがよかったというものです。それに、なまじっか当たってしまっていたら、人生楽観的になってしまっていたかも知れませんからね。

しかし、子どもの純粋さには若干羨ましさを感じてはしまいました。宝くじを買っただけでもう当選した気分なんですから。「あれも買って、これも買って」だなんて、大金を手にした後のプランを綿密に考えていました。その分、外れた後のがっかり感じは凄かったですけれども(笑)。

でも、あんなに純粋な期待を持てる子どもっていうのは、本当にいいもんです。

私が子どものころは、応募抽選に嵌っている時期があって、毎週のように少年雑誌にハガキを送って景品を狙っていたものです。送るたびに、絶対に当たると信じていました。

でも、抽選5名や10名なんて少数当選に当然引っかかるわけも無く、送る一方。いつかポストに何か届くんじゃないかと期待して通学路を何度急いでワクワクしながら帰ったものか分かりません。

結局私が過去に応募抽選で景品を手にすることができたのは、応募者全員の類いだけでした。それでも凄く嬉しかったですけどね。

中学生の時、景品目当てで1つの応募先に10通、100通も送っている人がいることを知った時には愕然としました。そりゃ、当たらないわけだって納得し、応募するのが馬鹿らしくなってやめてしまいました。

私も子どものころに宝くじなんかを目にしていたら、絶対当たると信じたし、買ってと親にせがんだことでしょう。そして今の私が子どもに諭すように「そんなの当てにしたら駄目だよ」と教わっていたことでしょう。

そうやっていつの時代も子どもは大人になって、どんどん子ども心を無くしていってしまうんでしょうね。

クルマの一番の弱点は強風

12月 4, 2012 at 1:39 PM • Posted in 未分類コメントは受け付けていません。

今朝ニュースで、明日は日本付近を通過する低気圧の影響で全国的な強い雨と風が発生するとの注意を聞きました。

参ったなぁという感じです。明日は仕事で鎌倉まで行くので、仕事が早く終わったら海岸沿いでのんびり観光でもして過ごそうと思っていたのですが、強い雨風となっては、危なくて海岸には近づけませんからね。

波は凄いでしょうね。大荒れかもしれません。迂闊に近づいたら命を落としてしまうかもしれないでしょう。

大波警報が出ているのに海岸にや絶壁に近づき、波に飲み込まれて死んでしまうというニュースはよくあるものですから、そんな人にはなりたくありませんからね、明日は遠くでため息混じりに海を眺めるだけで我慢しておきます。

密かに楽しみにしていただけに、本当に残念です。前に訪れた時、海岸沿いを車で走ったのが凄く気持ちよかった思い出がありまして、またそれを味わいたいなとも思っていました。明日はドライブどころじゃないでしょう。やはり宿泊先で大人しくしているしかなさそうです。

ただでさえあの海岸周辺は風が強いですから、明日はよっぽどかもしれません。多分普通にクルマを運転するだけでも怖いかも知れません。ハンドルが取られてしまいますから。クルマの運転が苦手な私にとっては、今からドキドキです。

クルマって、思っている以上に突風に弱いですよね。今年の沖縄の台風ニュースでは、車が風に吹き飛ばされたってケースが多々あったようですし、もし自分が乗ってる車がそうなったらと思うとゾッとしてしまいます。

台風の日にクルマを運転していて、風を受けている側のタイヤが持ち上がるような感覚を覚えて肝が縮んだ思いを何度か経験しているのですが、あれは気のせいではなく、本当に浮き気味になっていたのでしょう。

風が強い日には反対車線にクルマを押し出されてしまうのはよくあります。春一番の時期なんかは、天気が良くても風が怖いので外出を控えるくらいです。

意外とクルマの一番の弱点って強風だと思います。雨は速度を落としてゆっくり走れば問題はありませんし、雪だってスノータイヤを履かせれば問題ありありません。強風はというと、止まっていても動いていても防ぎようが無いんですから。

食の限度

12月 2, 2012 at 3:38 PM • Posted in 未分類コメントは受け付けていません。

「東京で虫を食べるイベントがあるから行ってみないかい?」と、友人から誘われたのですが「ノー!」と即答しました。

誘ってきた友人は変わってる人でしてね、とにかく面白そうだなとか、珍しいなと思えるイベントを見つけるとすぐに食い付いて参加してしまうのです。ちょっと前は、トマトをぶつけあうトマト祭に行かないかと誘われました。あいにくその祭は中止になってしまいましたが。

トマト祭はまだ面白そうでしたが、虫を食べるというのは度が過ぎました。もうそのイベントを想像しただけで食欲が減退してしまいます。

大体なんで虫を食べるのか謎で仕方ありません。セミやアリ、クモにコオロギ、そしてゴキブリ…… もう想像を絶します。

貧困国で、昆虫以外に食べるものが無いというところに住む人が食べるというのは理解できます。そうしないと生きていけないのですから。でも、日本人は昆虫を口にしなければ生きていけないほど食に困っていますか? 困ってないでしょう。だから嫌なんです。

こういうのって興味本位でやるってことでしょう。面白半分です。大体普通に美味しい食事に虫を混ぜて劇的に美味しくなるわけがないでしょうに。美味しくなるんだったら、そこいらのお店のメニューに登場しているでしょうね。

人間の食に対する興味って底知れなくて怖いです本当に。イルカやクジラだって食べたいって言う人いますよね。あんなもんだって、昔はそれに頼らないと食べ物が確保できなかったわけで、今は食べる必要なんか絶対無いですよ。それを「名物だ」と言って楽しみ半分で食べて、食べられる身にもなってみたらどうなんですか?

うーん、ちょっと熱くなってしまいました(笑)。

でも実際そうですよね。本来、命をいただいて糧とするべく神聖な食事に娯楽要素が入り込むというのは、罰当たりな行為というものです。「美味しい!」と唸って笑顔でニコニコ食べているその食事は、命が犠牲になっていること、忘れてはいませんかってことです。

まぁ、そんなことを気にしだしたら「豚や牛はいいのか?」「野菜はいいのか?」なんていう問い詰めになってしまうので大っぴらには言いたくありませんが、物事限度というものはあります。虫を食べてみようなんて面白半分な企画は、限度を超えています。